ちゃめ・家の温泉まっぷ
 北海道珍道中

今回の旅行コース :
札幌(泊)→石狩→苫小牧(泊)→白老町アイヌ民族博物館→登別温泉(泊)
11月18日、雨の関空から出発。
写真はピカチュウの絵が書いてある飛行機。
私たちが乗る飛行機ではないが、旦那が面白がって撮った。

今回の旅の目的はただの旅行ではなく、長男のお嫁さんとなる人の家族に挨拶に行くため。
どうせ北海道まで行くんだから、ゆっくりしてこようと3泊4日の旅行となった。

今回お世話になったツアー会社ニーズツアー一日ごとに違うホテルを選べたし、お得価格だったから♪


千歳空港についてすぐにツアーに組まれていたレンタカーを借りて札幌へ。
ホテルでチェックイン後、この日から行われるはずの札幌イルミネーションを見るために、ブラブラ歩いて大通り公園まで行く。
・・・が、しかし翌日からでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン
仕方なく、テレビ塔の下にあったツリーに灯るわずかなイルミネーションで我慢した。
後でわたっかとこだが、この日に試験点灯もあったらしいが、後の祭りである。
ホテルへ帰る道すがら美味しそうな炉端の店で北海道の味を堪能満足・満足♪

札幌での宿泊先:フェニシアンプラザホテル札幌


二日目は、石狩方面へ。
小樽方面は以前の旅行で行った事があったので今回は石狩へ。
「石狩挽歌」で有名な所に、「番屋の湯」という所がある事を知って、行ってみました。
入湯料は大人600円で、露天風呂からは石狩の雄大な海を見れました。
なんでもここの温泉の湯は、大昔の「化石海水」だそうです。
「番屋の湯」HPはここから。
ただ灯台がポツンとありました。
彡(-_-;)彡ヒューヒュー
湯上りには、ここの地ビールと枝豆を頂きました♪
枝豆の量が兵庫の方より2倍くらい多かった!

ここらに何か観光出来そうな所とか、ほとんど何の下調べもせずに来たのでナビで調べたら、近くに灯台があったので行って見る事に・・・。
石狩を出発し、この旅の目的地苫小牧へ。
チェックインしたホテルは狭かった・・・。(-。−;)

ここで長男とお嫁さんとなる彼女と合流し、早めの夕食をとる為、長男の案内で行った回転寿司のお店は、さすがと思える美味しさでしたよ。

夕食後、相手の親御さんとのご対面も何とか無事すみ、長男の働く牧場へ暗闇の中案内してもらう。
写真は、長男が面倒見ているお馬さんとのラブシーン(^▽^;)
三日目は、彼女の親御さんに教えてもらった苫小牧の魚場へ行き、カニを安価で購入。クールで義母さん宅に送った。
苫小牧から登別へ行く途中で発見した!?
白老町のアイヌ民族博物館へ寄る。
ここではアイヌの子守唄や踊りなどいろいろと見せてくれます。
最終日は登別温泉石水亭で宿泊。
新館の玄関へ車を入れて女将にチケットを見せたら、別館の「紅葉館」へ案内される。
まぁ、しかし、三つある温泉のうち紅葉館の温泉が一番良かったし、部屋も広かったし文句は言うまい。

突然の長男の結婚話には驚いたが、3泊4日の北海道旅行も出来たし、これからは北海道に親戚も出来たことだから、今度はちゃんと計画性を持っていろんな北海道が見れたらいいなと思います。つたない旅行記に付き合ってくださってありがとうございます。<(_ _)>
旅革命【トクー!】


JavaScript & CSS:ON
Windows+IE
Japanese version only
Designed by TG




このサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2002 jiji all rights reserved.











SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO